山梨県甲府市小瀬メディカルパーク内の歯科

前歯の治療、保険診療の限界について

2021/04/18

前歯部前装冠 保険診療 あいざわ歯科クリニック
前歯部前装冠 保険診療
前歯部前装冠 保険診療
歯の根の先に病気があります。根の中の治療が不十分だと歯や歯茎に変色を来たしてしまいます。
再根管治療 保険診療 あいざわ歯科クリニック
根の先まで根充材で満たされているのが分かると思います。
前歯部前装冠 保険診療 あいざわ歯科クリニック
前歯部前装冠 保険診療 あいざわ歯科クリニック
金属の上にレジンという材質を使っていますので、裏側から見ると金属が見えていますが、レジンは固いとはいえ、プラスチックの一種ですので、硬いものを噛むと折れてしまうために、どうしても下の歯に当たる部分は金属にする必要があります。
前歯部前装冠 除去前 保険診療 あいざわ歯科クリニック
前装冠除去前の状態です。
前歯部前装冠 装着後 保険診療 あいざわ歯科クリニック
前装冠装着後の状態です。

上下2枚の写真を較べてみると違いが分かりますが、残念ながら作り物感は、消えたとはいえません。

また、表面の見た目に見える部分は、プラスチィックの一種であるレジンですので強度が弱くなっています。

一方、

保険外診療になりますが、ジルコニアとポーセレンレイヤリングによる治療になります。

前歯部審美歯科 ジルコニア あいざわ歯科クリニック
保険で10年ほど前に治した歯の変色と、左右の前歯の形が異なる事も気にしていました。
前歯部審美歯科 ジルコニア あいざわ歯科クリニック
自然光で歯の色を確認し、肌の色も比較しながら、写真を技工士に渡します。
前歯部審美歯科 ジルコニア あいざわ歯科クリニック
再度、仮歯を作り直し、患者さんが満足するように期待を揃えつつ、歯茎が自然な形になっているか経過を見てから最終印象採得(型取り)を行っていきます。
前歯部 ジルコニア補綴後 あいざわ歯科クリニック
ジルコニア+ポーセレンレイヤニングとステイニングを行って口腔内に調和させた冠を装着できました。

ジルコニアクラウンは、手間や時間は、保険の歯に比べて4~5倍の手間がかかりますが、強度が十分にあり、歯茎との炎症が起こりにくく、汚れや着色そして、なによりも虫歯や歯周病の原因となる細菌によるプラークが、付着し難いことが利点といえます。

                山梨 あいざわ歯科クリニック

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031