山梨県甲府市小瀬メディカルパーク内の歯科

歯の神経を保護するために MTAによる覆髄治療

2019/08/18

 あいざわ歯科クリニックでは、他の歯科医院と同様に歯の神経を出来る限り取らないで治療できないかまず考えます。当然、歯髄(歯の神経)の深部まで細菌によって侵入を許してしまっている場合には、あっという間に歯の根の部分全体に感染してしまい歯の保存が出来なくなってしまう事もあり、その場合には歯の神経を取ります。

 特に若い方の永久歯は、歯が柔らかいため(実は、歯はサナギと同じで生えたての歯は幼若永久歯と言ってとても柔らかいんです)にあっという間に虫歯が進行してしまいます。

 ただ逆に考えるとこれから硬くなっていきますから、適切な治療を行えば、神経を保護する事も出来ます。

赤い〇の部分にう蝕(虫歯)が生じています。

 

あいざわ歯科クリニック MTA 覆髄

う蝕になっている部分を出来る限り取り除き、MTAセメントを埋めて神経を保護していきます。

あいざわ歯科クリニック MTA 覆髄

1年ほど経過しましたが、なんとか無事に神経を保護する事ができました。この後は、歯が硬くなっていることを確認した後、歯の硬さに近く、見た目も歯と同じ色をした材料に詰め替えていきます。

MTAによる覆髄治療 山梨 あいざわ歯科クリニック

2019年11月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930