山梨県甲府市小瀬メディカルパーク内の歯科

垂直水平骨増生~インプラント治療の準備として

2017/04/27

インプラント治療は、インプラントを骨の中に埋め込む必要があります。
そのために、年齢を経てもインプラントが残存できるために十分な骨の量が不可欠になります。
しかし、
重度の歯周病や交通事故などの外傷によって大きく骨が失われてしまう事があります。
そのために、事前に骨を再生することが必要になることがあります。
骨の状態や患者さんの健康年齢によりますが、このように大幅に骨が失われてしまっていても
骨を再生することで、インプラント治療が可能になります。

(ご注意ください。全ての患者さんに成功を約束するものではございません。
十分な診断の上、十二分な計画のを行い、患者さんの十分な熱意と協力が必要になります。)

あいざわ歯科クリニック インプラント

歯周病により、重度の骨吸収があります。

あいざわ歯科クリニック インプラント

骨再生直後の画像です。

あいざわ歯科クリニック インプラント

骨が再生された状態です。まだ、最終的なインプラントは埋入されておりませんが、かなり硬化した骨が骨体上部確認できます。

日本口腔インプラント学会専門医 山梨 あいざわ歯科クリニック

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31