山梨県甲府市小瀬メディカルパーク内の歯科

根尖部病巣があるのに、根管が開かない~石灰化した根管の治療

2019/08/21

 歯の根の先(根尖部)に炎症を伴った病巣があっても、歯の根の中(根管)の中が石灰化して、狭窄しているだけでなく、完全に中間部が閉鎖している場合には、歯の根が困難な事があります。

 歯の根の治療では、出来る限り、歯の根の先に出来た病巣内の感染物を取り除き、代わりに抗菌作用のある物質で根管内をくまなく封鎖することで病気を治癒に導く事ができます。

 山梨 あいざわ歯科クリニックにおいても同様な症例があり、何度も渡来した後になんとか、特殊な器具と薬剤を用いる事で、無事に根尖を見つけることが出来たケースがありました。

あいざわ歯科クリニック 根管治療 閉鎖根管

歯の根の先には、黒い影があり、明らかに根尖病巣があり、歯の根の中央部他よりも白く石灰化が進行し、歯の根の先の病気を取り出す事ができません。

あいざわ歯科クリニック 根管治療 閉鎖根管

もし、通常の治療が不可能な場合には、手術にて歯の根の先の病気の部分を切除する必要があります。

患者さまの希望は、回数がかかっても良いので、出来るだけ手術をしないで治して欲しいとの事でしたので、特殊な器具を用いる事で、4回目になんとか根尖部見つけ、5回目に歯の根の上部から先端まで封鎖する事ができました。

あいざわ歯科クリニック 根管治療 閉鎖根管

 

 

2019年11月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930