山梨県甲府市小瀬メディカルパーク内の歯科

骨のない場所へのインプラント治療

2021/03/22

骨が存在しない場合にインプラントによる治療を行うことが出来ませんが、骨を再生することでインプラント治療を行うことが出来ます。

患者さんは、中学生の頃に事故によって前歯を失ってしまいました。

インプラント治療希望でいらっしゃったのですが、身長の成長が完全に止まってから、3年程度が経過しない内にインプラント治療をしてしまうと、インプラントと他の天然歯との間に高さや幅の差異が大きく生じてしまうために、大きな問題が生じてしまいます。個人差がありますが男子の場合ですと、早くても19~20歳以降、女子の場合では、17~18歳以降が望まれます。

このため、5年以上仮歯のまま、インプラントの治療が出来る日を待ち望んでいました。

しかし、中学生の時に歯を失ったまま、機能していなかった骨は成長する事がありませんでしたので、

とてもインプラントを入れるには骨が不足していました。

 

骨再生 GBR1 あいざわ歯科クリニック 

顎の骨の幅が不足しているとインプラントをすることが出来ません。

骨再生 GBR2 あいざわ歯科クリニック 

骨の少ない状態で、このままインプラント手術を行えば骨からインプラントがはみ出てしまいます。

しかし、現在ではGBR法という骨再生療法によって比較的確実に骨を再生する事が出来るようになっています。

骨再生 GBR3 あいざわ歯科クリニック 

CT上にて骨を再生して十分にインプラントを入れる事が出来るように計画を立てていきます。

骨再生 GBR4 あいざわ歯科クリニック

十分に骨が再生された後、安全にインプラントを埋入することが出来ました。

骨再生 GBR5 あいざわ歯科クリニック 

上から見たCT画像です。

骨再生 GBR6 あいざわ歯科クリニック 

赤線の部分が再生された骨の部分になります。一般的に2mm以上唇側に骨幅が残存していないと将来的な審美性に支障をきたす恐れがあると報告されています。

インプラント治療を行い、骨を機能させ、刺激を与える事によって、骨は維持され、インプラントを支えていきます。

山梨 あいざわ歯科クリニック

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031