山梨県甲府市小瀬メディカルパーク内の歯科

インプラント

 専門事項 このページは、専門化向けのページです

Xive
:現在、私の理想に最も近い、インプラントが、ドイツのフリアデント社”Xive”です。テーパーカーブも、適度ですので、接着面積が広く、日本人のnarrowな骨幅にも対応でき、以前のF2と較べ、径の細いタイプに対しても同じ形状であるのが利点といえます。歯根類似型のF2は、非常に完成されたインプラントですが、歯槽頂部に骨幅のないものでは、F2の適応は、非常にpoorな、サイズを選択せざるを得ませんでした。上部構造は、全く同じですので、F2とXiveの組み合わせで非常に多くの症例でインプラントが可能になったといえます。
資料提供:Dentply Sankin

 

Xive sysytem

F2 sysytem

Xiveには、XiVE and XiVE TG(TGは日本未発売)があります。
表面性状がCell Plusとなり、格段にインテグレーションが向上しました。The XiVE. Screw Implants には、TempBase as a fixture mount.が付随します。これは0.9 mm FRIADENT Hex-Driverにて、外すことが出来ます。
Burは、Twist drillのposterior(15mm対応) or anterior(18mm対応)で形成後、骨のタイプ
(硬さ)に合わせ、Twist drill crestalによる切削量決定後、切削します。

 

TGは、 Immediate Loading Implantを成すものです。形態としては、1回法(transgingival)ですが、表面性状がCell Plusになったこともadvantageとなり、即時埋入を可能にするものです。(現時点日本未発売)

XiVE は、シリンダースクリュー型self-tapping機構を基本とした、類似歯根形態形状である。ネジ山のピッチは同じまま頚部から先端部に向かってネジ山の深さは増大する。しかし、外周の直径.の変化はない。先端のネジ山は、回転方向に向かってねじる様になっている。インプラントの長さによって、 先端部の長さも変化する。

Thread crestal apical
Depth 0.18 mm 0.5 mm
Pitch 0.85 mm 0.85 mm

 

Friadent Cellplus

  1. 活性前細胞の短時間での広がりと付着、架橋構造の形成、骨芽細胞の分化は骨の初期治癒を促進する。
  2. 機能的な湿潤性はフィブリンの接着を進める。フィブリンは骨芽細胞のインプラント表面への湿潤のためのガイダンスとなる。
  3. 骨形成を3日間~8週間以内に促進することにより、インプラントのオッセオインテグレーションを向上させる。
  4. 骨形成能の向上としっかりした骨構造により、良質な骨の形成並びにより高い比率での骨とインプラントの接触が実現する。

 

Cellplusでは、これらを実現するための作業工程として以下の2つのを行っている
1次的微細構造-グリッドブラスティング
鋼粒子によるブラスティング
2次的微細構造-熱によるエッチング
高温下にて正確にコントロールした状態でエッチングを行うことで均質な微孔のある表面

crestal部分のDepthが、0.18mm、apicalでは、0.5mm、臨床上、crestal部分への骨結合の研究成果が、待たれるところである。

F2Implant diameters
and length :
diameter 3.4mm 3.8 mm 4.5 mm 5.5 mm 6.5mm
length 8 mm 8 mm
11 mm 11 mm 10 mm 10 mm 10 mm
13 mm 13 mm 13 mm 13 mm 13 mm
15 mm 15 mm 15 mm 15 mm 15 mm

 

Friadent Xive による前歯部単独欠損部のインプラント審美修復症例

 

旧 インプラントCT画像