山梨県甲府市小瀬メディカルパーク内の歯科

歯科麻酔便利帳

歯科麻酔学 の便利帳

静脈内鎮静法使用薬剤 商品名 標準鎮静濃度
フルニトラゼパム ロヒプノール 0.015 mg/kg
ミダゾラム ドルミカム 0.075 mg/kg
全身麻酔導入薬剤 . 標準使用濃度
サイオペンタール(バルビタール) ラボナール 5.0  mg/kg
プロポフォール ディプリバン 2.0  mg/kg
ベクロニウム マスキュラックス 0.1  mg/kg

 

心電図電極の貼付位置について

 

全身麻酔の準備と手順 -麻酔導入・覚醒の介助-

1)麻酔皿

喉頭鏡(L型(直ブレード)、マッキントシュ型(曲型ブレード))

気管チューブ(RAE、スパイラルなど。カフ付き・なし)

マギルの鉗子、曲がりペアン、ネラトンチューブ、

ガーゼパック(1~3枚)、バイトプロップ、バイトブロック

ネイザルエアウェイ(バルテックス)、オーラルエアウェイ

胃管、アイパッチ、眼軟膏、キシロカインゼリー、ガーゼ

吸引カテーテル、絆創膏

 

2)全身麻酔器

 気化器(吸入麻酔薬)、カプノメーター、パルスオキシメーター、麻酔回路(F回路、呼吸バッグ、ソーダライムなど)、加湿器、ベンチレーター、カフ圧モニター、酸素濃度計

 

3)点滴台

 点滴(輸液ボトル、点滴セット、三方括栓、延長チューブ)

注射器(麻酔導入剤(チアミラールなど)筋弛緩薬(ヴェクロニウムなど)など)

アンプル入れ(患者ネーム付き)、針すて、ゴミ缶、駆血帯、雑用バサミ、ぺアン、絆創膏、アルコールガーゼ

 

4)麻酔カート

 各種薬剤(キシロカインなど)

ヘッドバンド、硬膜外針(緊急用)、輪ゴム、各種コネクター、円座、肩枕、薬杯(消毒液)

 

5)その他

 血圧計、心電図計(ECG)、体温計、保温マット

 

2.挿管の手順

  • 患者入室・病棟との申し送り
  • 患者搬送
    点滴は患者の頭の上を避ける。長時間手術・大量出血を予想される患者では体重測定を行う

(同時に体重補正を行なう)。

  • 患者を手術台に移動
    麻酔医は患者の頭部に立ち、患者の状態を常に監視する。急な体位の変動は避ける(脱水・高齢者では、血圧の低下を来すことがある。)
  • モニターの装着
    先ず片耳聴診器を胸部に着ける(停電の際に患者モニターは聴診器だけになる)血圧計のカフを巻く(カフの内側に保護用のマットをまく。カフは必ず動脈の上を覆うこと。自動血圧計の場合カフ圧を切り替える(小児・成人の区別がある)ECGの電極を貼付
    パルスオキシメーターのプローベを指先に装着。プレスチモグラフを確認後、絆創膏で留める。
  • バイタルサインのチェック(血圧、心拍数、酸素飽和濃度、呼吸数)
    麻酔チャートにそれぞれの値を記録する
  • マスクの適合をチェックする
    100%酸素で脱窒素を行いながら、呼吸数を数える
  • 薬剤の投与
    麻酔導入薬(チアミラールなど)、筋弛緩薬(ヴェクロニウムなど)を静脈内より投与する。麻酔時間のスイッチを押す。
    薬剤のオーダーは必ず「○mg○ml」という
    患者に深呼吸をさせる。呼吸が抑制されたら補助呼吸を行う。

 

  • 挿管
    筋弛緩薬が十分効いていることを確認(投与後1~3分)
    100%酸素で3回換気する
    患者を開口させ、喉頭鏡を喉頭蓋谷まで挿入する
    喉頭鏡を前方45度上方に持ち上げる。その際患者の頭部はスニッフィングポジションをとる(介助者は、頭部を持ち上げてささえる)
    (声門を確認したら4%キシロカインを気管の中に噴霧する(反射抑制のため))
    気管チューブを気管内に挿管する。
    気管チューブが声門を通過することを確認する
    喉頭鏡をはずし、右胸郭を押して呼気が戻ってくるのを確認後、麻酔回路を接続して、呼吸バッグを加圧する。  カプノメーターにカプノグラムが描かれていることをチェック(カプノグラムが描かれていないときは食道挿管である)チューブのカフを膨らまし、リークを防ぐ。笑気混合し、気化器のダイヤルをONにする。
    0.5%づつ吸入麻酔薬の濃度を上げてゆく。

 

  • 気管チューブの固定
    左右胸郭を聴診し、チューブの位置が適切であることを確認後、気管チューブを固定する。口唇形成・修正術は、正中固定。その他は口角固定。口角固定の際は、チューブが固定側の臼後三角を通過するように位置させる。臼歯部にガーゼのバイトブロックを咬ませる。

 

  • 胃管の挿入
    胃内容物の逆流防止のために、セイラムサンプチューブを鼻腔より挿入し胃内容物を吸引する。解放にして留置。

 

  • アイパッチ貼付
    手術中の角膜乾燥防止と血液などによる汚染防止のために、眼軟膏を眼瞼結膜に塗布し、アイパッチを貼付する。その上よりガーゼで覆う。

 

  • 直腸体温計の留置
    体温計のプローベを肛門より約10cm挿入し固定する。

 

  • 導尿
  • 点滴確保
  • 中心静脈
  • 動脈ライン
  • 血液希釈法の採血
  • ガーゼパック
    咽頭部をガーゼで封鎖する。(血液の流れ込み防止、麻酔ガスのリーク防止、チューブの固定)紐付きガーゼは通常大学ガーゼ3枚。乳児1~2枚、口蓋裂1/2枚。

 

  • 手術台の移動
    100%酸素で換気。心電図モニター、ウォーマー、点滴台を移動させる。パルスオキシメーターを外す(手術台を回転させたときに絡まるため)。麻酔回路を口元より外し、手術台を回転させる。

 

  • 術野の消毒
    麻酔回路と気管内チューブをゴムで固定。麻酔回路、各種モニターをチェックして、異常がなければ術野の消毒をしてもらう。

 

病棟では・・・

当日 酸素 30%4L 〇〇時間
心拍監視(ECG含む)
観血的動脈圧測定
SpO2 モニター
中心静脈圧測定
血液ガス測定