山梨県甲府市小瀬メディカルパーク内の歯科

インプラントって?→安全?

インプラント

医学のある一定の治療成功の指標として、5年が目安とされています。インプラントの成功率は、その5年残存率は、大体有名なメーカーのものですと、現在94,5%といわれています。(宣伝もありますので、データーはもっと良いものもありますが)2008年同一の条件であいざわ歯科クリニックでの成功率は、98.2%となっております。
概念や評価法が異なりますが、現在の、日本の歯科医療のレベルは決して低いものではありませんが、我々がクラウンやブリッジと呼ぶ冠や銀歯の最低保障は、厚生労働省は2年と定めています。
それぐらい、口の中は、常に100%の湿度と自分の体重以上の噛む力という過酷な条件が支配しています。
その中では、現在のインプラントは、骨と直接接合するものですので、非常に安定性の高いものになっており、上記の成功率は、他の治療法に比べ、予後は高く、患者さんの満足度は非常に高いものになっております。例えば、統計によっては部分入れ歯の製作後の装着率は、60%程度、満足度は、40%という結果があります。インプラントの利点は、入れ歯に比べ、噛む力が強いこと、はずす必要がない。見た目もバネがかかったりしません。他の歯を削ることもなく、他の歯の負担も軽減します。と、魅力は限りありません。
しかし、現在インプラントは、保険の対象外ですので、当然費用は高額なものになりますし、どのような方法をとったとしても、手術が必要になります。現時点では、100%の成功には至っておりません。骨の状態や僅かですがアレルギーの問題もあります。このため、以上のリスクを承知の方を対象に、最終的には、患者さんに選択してもらわなければなりません。

インプラントはどの位で歯が入るの

インプラント

施設や材料によっても、期間の違いはあると思いますが、当院の場合、最短で3ヶ月、長くて5ヶ月で上の最終のかぶせ物が入ります。しかし、骨が不足している人の場合には、サイナスリフト(上顎に骨を追加する手術)やGBR(骨の足りないところに骨を作る手術)を併用した場合、6ヶ月程度かかる事もあります。
また、現在、特殊な方法を用いる事で、当日に仮歯を入れることも可能になりましたが、骨の柔らかい場合には出来ないこともあります。
あいざわ歯科クリニックにおいても出来るだけ患者様のニーズに応えるよう期間短縮の治療を目指しております。

1/1